あのシリーズに遂に!!

■あのシリーズに遂に!!

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

いやはや、構想から考えると4年以上でしょうかこれは・・・

 

必要なのか、必要でないのか?

その考え方は馴染むのか、馴染まないのか?

作るか、作るまいか?

進むべきか、思いとどまるべきか?

サロンマーケティング研究所ブログ
途中下車してよく考えてみよう

 

過去の流れと、行く先を考え非常に悩みました。
そして、構想から5年目の今年、遂にボクの第2の構想が形になろうとしています。

 

それが、キュベシノブシャンプー専用のトリートメントの開発です。

 

本来トリートメントの要らないシャンプーを目指してきただけあって、通常であればシャンプーと対でトリートメント(洗い流す)があってしかりという常識に5年間抵抗してきました。

 

おかげ様で、良いシャンプーに熟成されてきました。

ところが、中にはトリートメントをしないとシャンプーだけでは不満を感じる方もいらっしゃいました。

 

しかし、ボクの中ではトリートメント(洗い流すタイプ)は極力作りたくないという思いがありました。

 

そこで、シャンプーに付随するトリートメントを万が一作るのであれば、アウトバスタイプのみと思っていました。

 

シャンプーとトリートメントの関係をシンプルに考え、トリートメントの効果を最大限に引き出すには、どうしてもそれしか考えられませんでした。

 

しかし、当時はそれはお客さん的に難しいとされ、開発を一時中断していましたが、キュベシノブシャンプーが登場した事と、アウトバストリートメントの存在自体が十分市場で理解されたことで再スタートとなりました。

 

既に、完成品に近づいています。

サロンマーケティング研究所ブログ
キュベシノブ トリートメント

 

使用感は当然キュベシノブシャンプーのみを使った時以上の感触の向上が期待できます。

さらに、安全性も抜群で、ハンドクリーム等にも応用的な使い方が出来る処方です。

 

現在のところ発売次期は未定ですが、どうせ出すのであればキュベシノブシャンプーに負けない位の、品質で発売に踏み切る予定ですので、トリートメントが必要とお考えの方は期待してお待ちください!

関連記事一覧