他人から見た自分

■他人から見た自分

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

あたなたは、他人からどう見られているか意識したコトはありませんか?

 

例えば、言いたいコトは遠慮せずにズバリ言うタイプですか?

それとも、相手を尊重しつつ丁寧に伝えようとしていますか?

 

見た目、行動、言葉、趣味etc・・・。

 

人は3つの欲求があると心理学で言われています。

それは「好感」「重要感」「有能感」です。

 

特に他人から見た自分の中で「好感」は人との関わり合いでとっても重要な所ですね。

つまり、好かれたい!


サロンマーケティング研究所ブログ

 

しかし、好かれない自分イメージを創り上げている人は少なくありません。

残念ですが、これって無意識なのでなかなか気づけないんですね。

 

そこで、セルフブランディングを考えてみてはいかがでしょうか?

 

セルフブランディングとは「自分」+「ブランディング」という言葉の造語ですが「他人から見た自分のイメージ」を意味します。

 

自分自身で人に好かれる人間のイメージをコントロール、あるいは創り上げることがセルフブランディングの基本です。

 

好かれたいけど・・・

 

そう言う方は、このセルフブランディングをするうえで、見本となる人。

 

例えば、あなたの周りに誰からも好感を持たれていいる人がいるのなら、その人の人との接し方を見て学ぶといいでしょうね。

 

声のトーン、顔の表情も重要です。

 

同じコトを話していても、随分と違ってきますからね。

 

誰かに注意をする場合も

穏やかな口調で、相手に気付かせる感じで少し真顔で伝えるのと

大きな声で威圧的に、怒った顔で伝えるのとでは全然違いますからね。

 

不器用な人ほど、ストレート命!、私は正しい事を言っている。

 

確かに、正しい事は言われるかもしれませんが、人は威圧的に言われると聞く姿勢にならないモノです。

それってとっても損していませんか?

 

今の自分はどんな自分に見えるのだろう?

セルフブランディングはそういう視点から始まります。

 

「人から好かれたい」そう思うのなら、自分の表現のパターンを変え、好かれる自分作りにチャレンジしてみてください!

 

関連記事一覧