もしそうならば、今すぐ「   」しないとね

■もしそうならば、今すぐ「   」しないとね

こんばんは。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

これから、チョット面白いコトをお話をします。

 

数人の子供たちがそこに遊んでいます。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

その子供たちに「このあめちゃん欲しい人~」って声をかけると

皆一斉に振り向いて「はーい」と手を挙げています。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

しばらくして、もう一度

「あめちゃん欲しい人」って聞くと

同じく皆一斉に「はーい」と手を挙げています。

 

しかし、その中の1人の子が目の前に近づいてきて

「あめちゃんちょうだい」と手を広げました。

 

そして、その子だけが「あめちゃん」を美味しそうに頬張りました。

 

ここで、言えるコトはどの子も「あめちゃん」は欲しい。

つまり、手に入れたいと思っていました。

 

しかし、1人の子だけが手に入れることが出来たんですね。

 

もうお分かりですね。

この子だけが思いを行動に移したんですね。

 

「売上を上げたい」

「何店舗か出店したい」

「有名になりたい」

「お世話になった人に恩返しがしたい」

「感謝している」

「成功したい」

「認められたい」

「給料をもっともらいたい」

「出世したい」

 

だれでも「・・・したい」と思っています。

事業であれば綿密な計画をたてて、これは完ぺきな計画だと思うかもしれません。

 

しかし、それに行動が伴わなければそれは機能しないものですね。

関連記事一覧