目標の哲学

■目標の哲学

 

おはようございます。

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

 

目標は誰にでも必要なコトですよね。

しかし、目標の本当の意味を理解している人はどれだけいるのでしょう?

 

ボクはその「目標の哲学」を知る機会がありました。

とっても、素晴らしいのでボクなりに解釈した範囲ですが記事として書かせて頂きます。

 

先ずは目標は、なるべき人間像、つまり「どんな人間になりたいか?」

というコトのために掲げるモノです。

 

そのために・・・

学ぶべきスキルの目標ができます。

知るべき知識の目標ができます。

人間関係構築の目標ができます。

自分の人間性を磨く目標ができます。

それを得るために必要な環境を得る目標ができます。

 

どんな人間にあなたはなりたいですか?

 

これが「目標の哲学」であって、それに必要な各目標が掲げられていきます。

 

そして、重要なのがその目標を追求する過程です。

 

目指す人間像のために各目標に向かって行動している過程で

自分がどんな人間になっているかに注意を払うコトが重要です。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
俯瞰して自分を観てみよう

 

これは、目標達成する過程で、お金等によって信条が曲げられたり

価値観が歪んだりして、それを手に入れた時に後悔するコトを避けるためです。

 

テレビドラマや映画で目標達成が最優先になって

手に入れた時に後悔するというシーンを観たコトはありませんか?

 

そうならないように、過程での自分自身の変化をよく観察し

「これは人としてどうかな・・・?」

「ある面では筋は通っているけど、別の視点では自己中心的ではないか・・・?」

 

つまり、欲などにまけて手に入れたものには「価値は無い」と言うコトです。

 

素晴らしい「目標の哲学」ですね。

 

関連記事一覧