ホーソンリサーチ

■モチベーションコントロール

 

おはようございます東讓です。

本日はモチベーションについて考えてみようと思います。

 

20世紀前半、

シカゴにあったホーソン工場で、

 

1000人以上の工員が

労働意欲(やる気)を失ってしまった。

 

賃金などの労働条件は、

むしろ高水準、好条件であったため

経営者は意味が分からず頭を抱えてしまいました。

サロンマーケティング研究所ブログ
なんでだろう?

経営者は、

ハーバード大学へ原因究明を依頼しました。

 

なぜスタッフが

「やる気がなくなってしまったのでしょう?」

 

全員への

アンケート調査により答えがでました。

 

①仕事の意味が分からない。

②仕事の成果が分からない。

③仕事の評価方法が分からない。

 

つまり自分の仕事が

会社にとってどのような価値(意味)があり、

顧客にとってどのような価値(喜び)があり、

仕事の質に対して会社がどのような評価をしているのか?

 

この3つを明確にするコトが

スタッフのモチベーションにつながるコトが示されました。

 

モチベーションという

目に見えない心の働きに

ひとつの目安がここに誕生しました。

 

スタッフは労働条件・・・

平たくいえばお金などだけではやる気は起きないのです

 

スタッフには、

元気にやりがいをもって

仕事をしていただきたいものですよね。

 

その環境を整えるお役目は大切なトップの仕事です。

 

常に気を配りたいものですよね。

 

関連記事一覧