指輪物語り

■指輪物語りは単なる物語りではなかった

 

こんばんは。

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

あなたは、「指輪物語(ロードオブザリング)」3部作を観られましたか?

 

そして、どう感じましたか?

 

人間とホビット、エルフ、ドワーフ、トロル、オークなど、様々な種族が住む中つ国(Middle-earth)という世界を舞台として、主人公のホビット族であるフロドを中心にして、その他の 8 人の仲間が大冒険を繰り広げるちう物語り。

 

何故、ボクがブログにこのようなコトを書きのかと言いますと

「指輪物語(ロードオブザリング)」には、この世の成り立ち等が投影されているいう、深い背景を知ったからです。

サロンマーケティング研究所ブログ
The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring

 

この物語りの作者はJ.R.R.トールキン博士

彼は世界中の神話を研究してきました。

サロンマーケティング研究所ブログ
ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン
John Ronald Reuel Tolkien

 

彼はその物語の背景に、言語、歴史、さらには創造と再統合の神話の全てを盛り込んでいます。

言葉の発明とその言語が発達してきた歴史を体型づけてもいます(エルフ語)

 

神話には、人を魅了するパターンが隠されています。

さらに、言葉は非常にミステリアスな進化を遂げてきた人類の財産です。

 

また、「中つ国(Middle-earth)」という世界が出てきますが、モデルとなったとされた場所が存在するといわれています。

 

この「中つ国」は古事記に出てきます。

「中つ国」地上界とされ、もとは大国主の世としています。

・・・と言うコトは、モデルは日本?

そう思うと、もう一度見て観たくなってきました。

関連記事一覧