ブラッシュアップして反応率アップ!

■一からではなく既存を進化させるPOP術

 

シャンプーソムリエこと関川忍です。

ボクのクライアントさんで、面白いデータがでました。

 

それは、大人気のホホバオイルを使ったヘッドクレンジングの販促です。

基本アプローチはPOPで行っています。

 

そして、数パターンのPOPが完成し、それを徐々に反応を見ながら進化させて行きました。

サロンマーケティング研究所ブログ
プロファイリングしたターゲットは即反応!

 

ここで、なんとなく反応した人から、即反応した人はこのPOPのどこに何応したかを検証。

さらに、反応してもやって頂くまでにいかかったのは何が足りなかったのかの仮説をたてました。

 

そして、さらに反応を良くするために進化させました。

サロンマーケティング研究所ブログ
1カ月後に改良を加えました

 

ここで、反応率が上がったものの、もう一つ反応を上げるためにどうしたらいいのかを、お客さんの反応を分析して更に進化させました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
さらに1カ月後に改良を加えました

 

非常に良い反応を得るPOPが完成しました。

 

プロファイリングが完璧でも反応する人が広がらない場合は、それをさらにブラッシュアップして、完成させていく。

 

これは、マーケティイングの基本です。

 

1回作って反応が悪いからといって0から作るのではなくって、修正しながら完成させる

 

POPを置いていてもあまりお客さんが反応しない時にはこの様な検証をされるコトをお勧めします。

関連記事一覧