日本人女性が世界一人気があるのは?

■美容業界が未来の日本に出来ること

 

シャンプーソムリエこと関川忍です。

後数年で世界経済が崩壊しアジアがいよいよ中心になってきます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

そして、西と東の文化を理解できるのは「日本」だけといわれています。

又美容の世界では「日本人女性が世界NO1の人気」と言われています。

 

それを、世界に打って出る商品と考えるならば・・・

ちなみに人身売買では決してありません(^_-)

 

その人気を支えるのはそうです。

あなたのいる美容業界に他なりません。

 

既に周知のとおり、日本美容の技術は世界一。

精密かつ繊細なその匠の技は長年この美容業界に脈々と流れている哲学です。

 

日本製品が海外での評価を落としているのは、日本製でありながら利益追求のため海外での生産工程になったためともいわれています。

 

しかし、日本の美容はメイドインジャパン!



サロンマーケティング研究所ブログ
antina gift studioさんのサイトから

言い方は少し失礼に当たりますが、世界で最も人気のある女性はメイドインジャパンなんですね。

 

そう考えるなら・・・

これから世界の中心がアジア圏

メイドインジャパンは国内で生産すればまだまだ世界トップの性能と安全性と耐久性

今後生産人口が減ってくるので国のお金が無くなってくる

 

では、外資を稼ごうじゃないですか!

ということで、女性を美しくするノウハウを商品化して世界に売れなものか最近よく考えます。

 

つまり、海外から日本美容を学びに来る仕組みや、その時に必要な物資の輸出の仕組み等美容業界が日本経済を元気にするためにできるコトがあるような気がします。

 

また、世界に対して今以上に説得力を持たせるには、国内の女性をもっと美しくする環境整備も必要かもしれません。

 

美容師さんの語学力も問われてくるでしょう。

 

アジア圏にモデルサロンの展開もありでしょう。

 

商品化した場合の海外への価値の伝え方も重要になってくるでしょう。

(日本はこの点は下手と言われていますから)

 

このまま国内でビジネスをするには人口も減少は確実にくるため、次なる展開を美容業界全体で考えておく必要があります。

 

狭い視点で言うと敵同士という表現になりますが、広い視点で考えると日本の美容室、日本のメーカーです。

お互いの持てる技術と知恵をもってすれば実現可能なのでは?

 

そのためにも、なにか日本美容を商品化できないかとボクは思います。

こんなコトを、本気で日本の美容師さん、メーカーさんと語りたいものです。

関連記事一覧