関係性のスタートラインの変化

■イメージと認知が関係性の始まり

 

おはようございます。

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

今、福岡空港ですが、雪が降っています。

時間調整の間にブログを書いています。

ブログを読んで頂いている方はご存じのとおり、只今ボクはキュベシノブの販促の一環で全国ツアー中です。

但し、普通のツアーでは無いんですね。

 

一度も会ったことが無い美容師さんにお会いするのが殆どのツアーです。

今回は、九州地方を「キュベシノブ お届け西日本大使」のオーティアットの平松ことまちゃとの同行でした。

 

写真をみると、ボクが映っていますが、全てまちゃの撮影写真を採用しています。

今回は、はじめましてと言う方々を中心に3日間で九州をかけぬけましたが、とっても楽しかったです♪

 

サロンマーケティング研究所ブログ
熊本GLAMOURの西田さんと
サロンマーケティング研究所ブログ
福岡PAGE hair design の村井さんと
CUTまでして頂きました!

 

サロンマーケティング研究所ブログ
同じくPAGE hair designの日高さんと
(まちゃがむちゃぶり講師だった専門学校の教え子さん)
サロンマーケティング研究所ブログ
福岡県Rassicの田中夫妻と
奥様は今回初です

 

そこで、必ずと言っていいほどの面白い現象を体験しました。

 

それは、会った瞬間に「セッキー」とか「はじめましてって・・・感じじゃないですね。」

という会話から話しが始まります。

 

これが、今までにない関係性のスタートラインです。

それが、blogやFacebookでの情報発信です。

 

つまり、ボクはこういう人間で、こんなコトを考えています。

という情報を発信していることで、関川ってこんな人なんだ!?

というイメージが相手に既に出来あがっている状況です。

 

自己紹介や名刺交換なんていらない位の親近感です。

そこで言えるコトは、「情報の質」ですね。

 

美容室の場合はblogを通して

どんなお店像をイメージして欲しいのか?

そのためにはどんな情報発信が適切なのか?

 

そう言うコトを考えて記事を書くといいですね。

 

ただ、お店に来てください・・・とか

○○キャンペーンなんて記事は人柄や想いが伝わらないですからね!(^^)!

関連記事一覧