全国ツアー長崎に立ち寄って

■長崎の美容事情(島原編)

 

こんにちは。

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

昨日からキュベシノブシャンプー全国ツアーの一環として、長崎県に入りました。

ナビゲートはボクの心友でもあり、キュベシノブシャンプーの優秀なエージェントのオーティアットの平松ことまちゃ!

 

そして、初めに立ち寄った美容室は・・・

島原市にあるのPANDEMIC さんです。

 

早速社長室へ通して頂き、オーナーの中本さんとの対談です。

初めてのことでもあって、お店のコトを教えて頂きました。

 

すると・・・素晴らしい現象が起きているコトが解りました。

なんと、スタッフさん方が月4日ある中の3日はセミナーに行かれているとのこと。

 

カット、パーマ、アイラッシュ、ヘッドスパetc・・・。

各自が自主的にセミナーをピックアップし通っているそうです。

 

オーナーの中本さんは一切勧めていません。

逆にスタッフさんが、お店に必要なメニューやそれに必要な環境なども考慮しながら行動しています。

 

それも、東京京都名古屋と長崎県島原市から行かれているんです。

これって、凄くないですか?

 

セミナー離れしていると言われている美容師さんの鏡ではないでしょうか?

それだけ、スタッフさんが自己投資されているのですから、中本さんもそれを「実」につなげるために、じっとはしていられません。

 

「何故そうなったのか!?」

 

きっと経営者の方は気になるところでしょうが、その一つは・・・

日々雑誌を見て良いスタイルがあったらスタッフさんとシェアしたり、ディスカッションしたり、勉強になる技術などのDVDがあれば皆さんで一緒に観ているそうです。

 

経営者のいいね!をスタッフさん達とシェアしていくことで、いつの間にか、お店の美に対する価値観も統一されてくるのでしょう。

 

そして、それがスタッフさんとの夢の共有にもなり、自分にできるコトを探し始めたり、こんな美容室だったら・・・?

 

そいう、発想を生み出す一つの原動力になっているのかもしれません。

大変、参考になりました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
PANDEMICの皆さんと

関連記事一覧