Blogを書くためのひと工夫

■商売でBlogを書く時はただ記事を書くだけではだめ

 

こんにちは。

シャンプーソムリエこと関川です。

 

最近は、ブログのコトでご相談を取引先や、このブログ読者の方からも頂くようになりました。

 

また、2社ほどブログ記事連載のお仕事も頂いたりと、このブログから何かを感じられている方がもしかしているのかなぁ~って思い、参考までに数回に分けてお伝えしたいと思います。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
Let’s note好きです
でもアイフォンとアイパットも愛用者です(^_-)

 

内容的にはブログ記事をボクがどうやって書いているのかをお話しします。

そして、今回は2点ほどお話ししますね!

 

ボクはもともと、美容業界を中心に活動しています。

 

そのため、ブログ記事を読んで頂きたい対象者は「美容師さん」「美容関係者」「美容に興味のある方」等です。

特に付き合いの深い美容師さんがその対象の中心です。

 

この対象者がより絞り込まれていた方が、記事の内容も書き易いですし、伝わり易くなります。

美容室で言うと「どんなお客さん」に向けて記事を書くか?です。

 

ファッションに敏感な方なのか?

キャリアでバリバリ働いている凛とした感じの女性なのか?

髪質に悩んでいる方なのか?

 

そう言った、お店にこられているお客さんの傾向や、来て頂きたいお客さん像を明確にして、その人が欲しいと思える情報をブログ記事にして書いていくと言う感じです。

 

そうすることで、自身の情報収集力も高っくなって、普段から沢山の気づきを得られるようになってきます。

また、単純なコトですが必ず記事の冒頭で挨拶をするコトです。

 

ボクで言うと、「シャンプーソムリエこと関川です。」と名乗っていますが、誰がこの記事を書いているのかを読者にイメージして頂いた方が、親近感もわいてきます。

 

単純ですが、これは絶対にやって欲しいところです。

さらに、ブログには顔を出せる機能やデザインスペースがあれば出した方がより、信憑性があっていいですね。

 

また、文章の配列や、ブログ全体のデザインも読み易く、あなたらしさが出た方がよりいいと思います。

 

今回は2点!対象者を明確にして記事を書くと、冒頭ではだれが書いているのかを名乗るコトをお伝えしました。

簡単なコトですのでやってみてください。

 

よろしければ

関連記事一覧