店販商品が売れないという思いこみ

■店販が苦手って呪文を唱えていませんか?

 

おはようございます。

シャンプーソムリエこと関川です。

 

今日から、全国ツアーの一環として2次3次の被災地でもある福島県エリアの旅です。

今、途中のサービスエリアでブログを更新しています。

 

少し、遅くなってしまいました。

楽しみにしてくれているアナタ、ごめんなさい。

 

では、今回は美容室の店販についてです。

 

美容室で「シャンプーは売れない」という美容師さんがいますよね。

とくに、まともな金額のシャンプーは。

 

まともと言うのは、ボクの中で100mlで1,000円前後のシャンプーです。

300mlで3000円位するのですから、ドラッグストアーにならぶ700mlで800円のシャンプーからすると、大分お値段が高いですしね。

 

しかし!金額相当の良さも沢山あります。

いいモノは専門家なら勧めるのが当然と言えば当然です。

 

でも、こんな高いモノ売れるかな・・・?

そういう方いませんでしょうか。

 

これは、金額ベースと思い込みによって、心にブレーキをかけている証拠!

何故って、ボクの会社では結構高い美容室専用の業務用シャンプーが一番売れているから解るんです。

 

通常の美容室専用の業務用シャンプーの3倍もする価格のシャンプーが一番というか、圧倒的に売れているからです。

 

自分たちの尺度で考えたら

「こんなに高いシャンプー業務用に使うなんてもったいない!」

 

そう、思う所です。

 

しかし、実際には売れている。

 

そこで、気付いたんですね。

本当にいいモノは価格はどうあれ、愛され、感謝される商品だって。

 

美容室だって、お客様から「ありがとう」を沢山頂けるために、勉強もしてるでしょう?

だったら、価格なんて二の次に考えないと、「ありがとう」は沢山頂けないですよね。

 

シャンプーを売るのが苦手な方。

お客さんにあなたの想いを伝えていますか?

サロンマーケティング研究所ブログ
あなたにもっと健康的でキレイに輝いてほしいんで~す!!

 

あなたが、どれほどお客さんのコトを真剣に想っているのか・・・お客さんには伝わってますか?

販促というテクニックなども確かに必要ですが、その前のあなたの想いを伝えてみませんか?

 

きっと、「あなたほど私のコトを気にかけてくれる人はいないわ」ってお客さんは思ってくれますよ!

そしたら、義理でも嫌みでもなく、お客さんは喜んで・・・というか感謝しながらあなたからシャンプーを買ってくれるはずです。

 

・・・人ってそんなもんじゃないかな?

関連記事一覧