お母さんのお腹のような温泉へ

■傷を癒す場所へ

 

こんにちは。

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

先ほど、福島県いわき市常磐湯本町にある旅館こいとに行ってきました。

ここの女将と支配人は「エクスペリエンスマーケティング塾」の仲間です。

 

スタットレスを履いていないため、車を置いて郡山に移動中のバスの中でこのブログ記事を書いてます。

磐越道はやっぱり雪が降っています。

 

旅館こいとは初めて行ったのですが、この地は上質な温泉で非常に歴史のある温泉街です。

温泉は普通●●温泉と言われますが、ここは古くから上流階級、更には殿様と言われる方々が訪れた温泉で、●●御(み)温泉と言われます。

 

いまでいうセレブ御用達の一元さんお断りの特別なスパと言うわけです。

 

そこに旅館こいとはあります。

その温泉の効能効果にはとっても不思議な効果がありますが、詳しくはまたの記事で書こうと思います。

 

カンタンに言うと、傷口が早く直ったりするし、足腰の悪いお年寄りが帰りには杖を忘れて帰る位の効果が当たり前のようにある温泉なんですね。

 

●●温泉と言われるわけですね。

 

ボクとしては傷が早く治ったり、足腰が立つようになったりと何か成分的に特殊なのかなぁ~?

そう考えています。

 

また、目の前には子宝に恵まれる温泉神社もある位、不思議なパワーを持った場所なんですね。

俗に言うパワースポットと言われる所ですが、目で見えるパワーは温泉という付加価値が信憑性を高めています。

 

旅館こいとは震災の影響で今は日帰り温泉を楽しむ方に解放されていますが、以前はそのような効果からか、小さなお子さんがいるご家族に大人気でした。

 

リピーターには女将に子供を抱っこしてもらいたいと言う人が結構いたのも面白い話です。

子作り、子育てと子供中心の優しい温泉旅館がこいとなんですね。

 

旅館こいとのホームページは→http://koito-inn.co.jp/

 

関東圏からは比較的行きやすいので、子づくりに専念している方、小さなお子さんがいらっしゃる方は、たまにはのんびりと日帰り温泉なんてもいいですね。

 

パワー充電と言うおまけも付きますしね♪

 

サロンマーケティング研究所ブログ
支配人ゆうと女将のふーちゃんと

関連記事一覧