売り込まないけど、気になる広告

■宣伝しないから引き寄せられる

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

あなたは、浅草の老舗のバーへ行ったことありますか?

 

かの有名な老舗バー「神谷バー」です。

 

ここの広告は毎年お面白く、凄く参考になります。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
父にもらった時計。
 
父に教えてもらった味
神谷バー
サロンマーケティング研究所ブログ
忘れるために飲むのか、
 
想い出すために飲むのか。
 
ま、どっちでも
 
いいのだけれど。
 
神谷バー
サロンマーケティング研究所ブログ
結婚当初、夫婦喧嘩をしたら
 
先に謝ったほうが勝ちって
 
ルールを作ったよね。
 
もう20年にもなるけれど。
 
覚えているかな。じつは
 
今まで僕が全勝なんですけど。
 
ちょっと複雑な気分・・・。
 
 
ま、いっか。
 
これからも、よろしく。
いい人がいて、いい酒がある。
神谷バー

 

どの広告も物語りが浮かんできて、そんな想いにこのバーで浸りたいなぁ~。

そんな、感情が自然に湧いてきませんか?

 

バーは色々な人間模様がある場所です。

そんなバーのあり方を、毎年神谷バーでは広告に描き出してきました。

 

ホームページでこの広告集が年代ごとに見れますので是非参考にしてみてはいかなでしょうか?

サロンマーケティング研究所ブログ
クリックするとリンクしています

関連記事一覧