トリートメントは何故洗い流すのか?

■洗い流すトリートメントはいらない!?①

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

シャンプーの後にトリートメントをする人が殆どではないでしょうか?

 

ボクはシャンプーだけで、トリートメントはこの数年間、使ったことがありません。

 

なぜなら・・・

 

トリートメントの役割は表面コーティングによって

髪の水分量の低下を防止するコトと髪の擬似的な修復です。

 

ボクは髪もそれほど長くないですし

髪に与えるダメージを最小限に抑えるシャンプーを使っているので

基本的にいらないんですね。

 

本来トリートメントは痛んだ毛先だけにつければいいもの。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

でも、結構根元付近からつけたり

中には、頭皮からつけてマッサージまでする人もいるようです。

 

また、せっかくつけたトリートメントの殆どは流してしまいますネ。

トリートメントは「油」成分が主体で配合されています。

 

ですので、かなりの「油」を下水に流していることになります。

 

最近はエコブームの影響もあって、

食品の「油」「スープ」などをシンクに流すコトを躊躇する人もいますが

トリートメントを洗い流すってことは、それと同じことですよね。

 

ですので、ボクはあまり洗い流すトリートメンに賛成できないんです。

また、殆どが流してしまうと言うコトは凄く無駄が多いんです。

 

少なく見積もって1/10は流されていますので

300gで3,000円のトリートメントがあるとすると

2,700円分は排水管に捨てている と同じことになるわけです。

 

だから、ボクは洗い流すトリートメントは

本来いらないんじゃないかと考えますが

あなたは、いかがでしょうか?

<関連記事>

トリートメントは何故洗い流すのか? 後篇

関連記事一覧