リスクマネジメント

■しばらくは、被害を最小限に抑えるコトを考えよう

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

昨年は予想不可能なコトが相次いで起きた年でした。

その時に、生き残れた会社と残念ながら存在できなくなった会社がありました。

 

その理由は「リスクマネジメント」ができていたかです。



サロンマーケティング研究所ブログ
もう少し前に・・・ あの時・・・
リスクマネジメント(risk management)とは・・・

各種の危険による不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための経営管理手法である。

(Wikipedeiaより)

そして、予測不能な自体が起こりうる可能性がしばらくは続くと言われています。

大企業でもその点に関しては非常に力を入れています。

「想定外」という言葉をよく使った大企業は別ですが。

なるべくなら、このコト場ではなく

「想定の範囲内」

そういう言葉を使えるようなマネジメントをしないとカッコ悪いですよね。

「不測の事態」に起こるリスクの源泉は「変化」にあります。

今の時代の変化のスピードの速さは、不測の事態を招く確率を高めているという面も忘れてはいけませんね。

なってしまった時の対応のスピード

ならないための準備

考えていきましょうね!

関連記事一覧