伝わるPOP事例

■興味が無いのにへ~って思ったPOP

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

先日、車のヘッドライトの交換にオートバックスに行ってきました。

交換時間に少し待合にいると「へ~って思うPOP」を発見したのでご紹介します。

 

ちなみに、ボクはそのPOPのターゲット層ではないですが、反応しました。

サロンマーケティング研究所ブログ
なぜミニバン専用タイヤなの?

 

ミニバン利用者に向けたPOPで、どうやら「ミニバンに合うタイヤを履いた方が良いよ」というメッセージです。

 

その下には赤字で・・・

ミニバンは広い室内空間を確保するためにボディーの面積が大きく、車重は重く、重心が高くなり、タイヤには大きな負担がかかります。専用タイヤでないとこんな問題が発生します。

 

こう書かれています。

ミニバン所有者なら、どんな問題があるの?

 

そう感心を持ちそうな、問題提示が書かれていますね。

 

そして、その問題を3つ提示しています。

サロンマーケティング研究所ブログ
1個目の問題
サロンマーケティング研究所ブログ
2個目の問題
サロンマーケティング研究所ブログ
3個目の問題

 

このようなPOPの構成は非常に参考になります。

ターゲットが反応するであろう表現方法

問題提示の方法

 

美容室のPOP等もこのパターンにはまるモノって沢山あると思いますので、是非真似してみてください!

関連記事一覧