成りたいリーダー、成りたくないリーダー

■素敵な若手経営者

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

スタッフが独立する時にリーダーやオーナーの人柄が見えてきます。

これは、一般企業でも同じコトですn。

 

独裁的な経営者の場合

辞めた社員さんのコトを悪く言ったり

中にはお客さんにまで愚痴をこぼす人もいます。

 

でも、ボクの大好きな若手美容室経営者の方で間逆の人がいます。

スタッフさんが独立をする時に、絶対に失敗しないようなフォローをしてあげています。

 

例えば、ボクの様な関係者には是非応援してやってください!と自ら呼びかけます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
関川さん●●君今度独立するから手伝っやって!

 

そして、独立後もたるんでいるようであれば独立した方に活を入れてあげる。

 

どっちの経営者の方が器が大きく

経営者らしいのかは一目瞭然ですよね!

 

でも・・・そういう人って少ないですがね・・・。

 

ボクの友達も以前勤めていた会社を退職した時

かなり、あちこちで悪口を吐かれていました。

 

なんて小さい経営者なのかと、思った人も少なくなく

逆に起業した友達を応援してくれたようです。

 

確かに、育てたスタッフが独立をほのめかすと

経営者としては「ドキッ!!」とします。

 

なぜなら

お店の経営維持の売上確保(お客さんの流出)

既存スタッフの引き抜き等といったリスクもあるからですよね。

 

でも・・・

数日前まで身内・・・つまり家族のような社員やスタッフを

辞めた途端に手のひらを返したように悪口や

時には営業妨害まがいなコトをする経営者もいます。

 

これは、非常に悲しい光景です。

 

そんな、光景にならないためにも

経営者の方は器を大きくするための勉強が必要ですね。

 

この勉強

知識だけでは、話は上手くなるかもしれませんが

行動と言っているコトがちぐはぐになりますので

かえってカッコ悪くなりますのでご注意を!

 

辞めたスタッフを応援できる

そんな経営者は素敵ですし、共に働いているスタッフさん達に夢を与えられますネ。

関連記事一覧