ここで、問題ですが・・・

■巷で流行っている「ノンシリコン」ってなにがいいの?

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

最近「ノンシリコン」系のヘアケアが増えてきていますね。

 

美容師の方にとってはいいコト!?

 

消費者にとっても良いコト!?

 

・・・だから、流行ってきてる。

 

うん!確かにボクもシャンプーにシリコンが入っているとあまり賛成できません。

 

では、消費者は「ノンシリコン」って何がいいのか本当に解っているのでしょうか?

 

良く聞くのが

「シリコンが毛穴を埋めてしまって、頭皮に悪い」

「シリコンがパーマやヘアカラーのかかりや、染まりを邪魔してしまう」

 

このような、理由から「シリコン悪説」が登場したかと思います。

サロンマーケティング研究所ブログ
こんなイメージ持っていませんか?

 

では、それってホント?

 

こういう、悪説って流行るといつの間にか世の中の常識になってしまいます。

 

でも、本当の理由は知られていなかったり、時代が変わってそんなことは過去の話し人っているのに、

まだまだ「悪」と思われていたりします。

 

ボクは「シリコン」自体は「悪」とは思っていません。

適材適所に上手に使えば、肌に安全性の高い原料なので、様々なメリットがあります。

 

でも、シャンプーだけには使いたくないんですね~。

その理由は・・・●●だから。

 

「ノンシリコンシャンプー」何が良くてノンシリコンなのでしょう・・・・?

関連記事一覧