価値ってなに?

■価値を伝えるってどういうコト?!

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

あなたのお店で、安売りをせずにお客さんを呼ぶとしたら・・・?

いったいどんな魅力を伝えればいいのでしょうか。

 

少しノートに書きだして下さい。

サロンマーケティング研究所ブログ

・・・・・?

 

そして、そのうちどれが一番お客さんが魅力的に感じるコトか絞り込んでみてください。

 

見つかりましたか?

 

では、それってよそのお店には無い魅力でしょうか?

また、その言葉を使っているお店は無いでしょうか?

 

もし、そうではないとしたら、お客さんからしたらそれはその他大勢の一つにすぎないってことになります。

つまり、沢山の選択肢の中の一つってコトですね。

 

・・・・・?

 

「価値」見つけるの大変ですよね。

 

そこで、行うことがあります。

一つはもう一度「価値」を掘り起こすコト。

そして、もう一つは「価値」を新たに創り出すコト。

 

どちらでもいいと思います。

 

新しい価値を創り出すってどうしたらいいのか・・・。

 

そう心配するコトは有りません。

 

その新しい価値の創造にも価値の掘り起こしにも協力者がいます。

 

それが、既存のお客さん。

 

既存のお客さんの問題を解決するコトをやり続けると新しい価値の創造につながります。

既存のお客さんに、お店に来る理由を聞けば価値の掘り起こしができます。

 

既存顧客=協力者

 

この関係性を活用するコトで、お客さんにも喜んでもらえて、価格競争の様なレッドオーシャンから抜け出すコトができるものです。

 

是非、お客さんに協力してもらってみてください!

関連記事一覧