記憶力は年齢に左右されない

■音読は記憶力をUPする!

 

おはようございます。

朝から自宅の大掃除そしている

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

久しぶりに「脳の働き」についての記事です。

ちなみに、ボクが何故脳科学に興味があるかと言うと

自分自身、記憶力や計算力が弱いので、なんとか頭を良くできないか?

 

そういった理由と、子供の勉強法に活かせないかと思っているからです。

 

小学生の娘の宿題も、問題の出し方や、その意図をたまにチェックします。

今の学校教育や、サラリーマン化した先生を100%信頼できないという気持ちもあるからなんですが・・・。

 

娘の宿題で「音読」という課題が毎日あります。

ボクは、「音読」はあまり意味が無い・・・そう思っていました。

 

しかし、脳科学からみると、音読は記憶力を高めるとされています。

 

特に脳の退化・・・つまりボケ防止に適しているそうです。

もの忘れが多くなる「ボケ」ですが、原因は神経細胞のリレーが上手くいっていない状態で起こります。

サロンマーケティング研究所ブログ

この神経細胞ネットワークのリレーを「音読」は脳に適度な刺激を送り込むことで、神経細胞同志の接着が盛んになり、情報伝達力が向上します。

 

そう考えると「音読」って脳にいいコトなんですね。

 

関連記事一覧