無言のセールスマンは何気に面白い

■販促の基本ルール

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

「誰に」「何を伝えて」「どう行動して欲しいか」

 

この3つの基本原則の表現と、シナリオでモノの価値が伝わり、入店、受注が決まります。

 

例えばこのPOP

サロンマーケティング研究所ブログ
えびせんべいのPOP

 

何を伝えての参考になります。

 

「袋をあけた瞬間から香る金時芋の甘い香り」

言イメージできますネ!

 

続いて

「・・・とほのかな甘さが口に広がり」

うんうん解る!

 

続いて

「・・・最後にえびえんのしょっぱさが残る」

へ~んなるほど!

 

最後に

「・・・ほんの少しかわったえびせんです」

 

ねっ伝わってきますよね!

 

これが「何を伝えて」という部分です。

 

これを読んだあなたは、きっとこのえぶせんを食べてもいないのに

なんとなく、食べたときのイメージを抱いたかと思います。

 

販促物はこのような感じで作るとお客さんの反応が良くなります。

 

ちなみに、このPOPは東名高速道路の下り足柄サービスエリアにあります。

関連記事一覧