ランテージュ キュベシノブ シャンプーについて

■今回の開発のポイント

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

本日入荷しました!

 

ランテージュ キュベシノブシャンプー400mlサイズ!!

 

サロンマーケティング研究所ブログ
Rantage 
Cuvee Shinobu Shampoo

 

今回のシャンプーで3回目のリニューアルを迎えました。

第一回目の「ネオーラ ランテージュMBシャンプー」から思考錯誤してきました。

 

そして、2011年7月に発売されたTypeⅡの「ランテージュシャンプー」。

ネーミングも少し変えましたが、第一作目の課題であった「泡立ち」に挑戦したタイプでした。

 

そして、全成分の見直しをしながら、コストダウンにも挑戦してきましたが・・・

 

入荷して間もなく、「おり」という沈殿物が発生してしまいました。

 

そして、改良したのが2011年12月17日、本日デビューしましたTypeⅢ

「ランテージュ キュベシノブ シャンプー」です!

 

このシャンプーに関しては色々な想いがあります。

今回、その想いを語らせて頂こうかと思います。

 

また、この言葉をそのまま使って頂けるように短めにいくつかの表現で書こうと思います。

 
☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆‐☆
サロンマーケティング研究所ブログ
ご自由にお使いください

~想い(動機と気付き)編~

 

アトピーの娘のためにシャンプーをつくろうと言うのが始まりでした。

その間、敏感肌で悩む方が沢山いることに気付きました。

 

そのうちに、ボクの想いは大きくなり、

多くの方に安心して使えて、ノンシリコンなのに手触りが良いシャンプーを届けたい。

そう思うようになっていました。

 

そして、改良を重ねるコト3回、要した期間5年。

モニター数は、プロを含めて1000人は超えたと思います。

 

多くの方に応援され支えられながら、完成したのが

「ランテージュ キュベシノブ シャンプー」です。

※無断引用、無断転載は積極的にオススメします!

 

~開発ポイント(成分)編~

 

肌と髪に対して満足のいくシャンプーって・・・?

 

そう思い続けて行きついた答えが

シャンプーの主成分である「界面活性剤(洗浄成分)」の善し悪しでした。

 

そして、沢山の界面活性剤から「使用感」と「安全性」が

最も優れていると判断した界面活性剤を使用しました。

 

また、肌や髪は殆ど同じ構造であることに気づき

肌と髪、両方に良い効果を与える成分もふんだんに配合しました。

 

いつの間にか「ランテージュ キュベシノブ シャンプー」は

美容液でシャンプーするようなシャンプーになっていました。

※無断引用、無断転載は積極的にオススメします!

 

~オーガニックが全てではない編~

 

「泡立ちが良く、ノンシリコンなのにキシミがなくて

             軽いのに髪が落ち着いて、肌も痒くならない」

 

「ランテージュ キュベシノブ シャンプー」を使った方で一番多かった声です。

 

これは、ノンシリコンシャンプーでも

オーガニック系のシャンプーにもない世界観です。

 

また、「安全性」「トリートメント効果」「デザイン性」の

3つの働きをシャンプーだけで目指しました。

 

その想いが一つの形になったのが

「ランテージュ キュベシノブ シャンプー」です。

 

※無断引用、無断転載は積極的にオススメします!

これが、ボクが描いたシャンプーの姿です。

今後も改良は続くでしょうが

沢山あるシャンプーの中で選ばれるコトを願ってます。

また、拘りのある美容師さんに使って欲しいと共に

沢山のお客さんに愛されるシャンプーでいたいと思います。

関連記事一覧