消費者はみんな拘り屋さん

■恥ずかしがり屋は存在しないと同じコト

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

ボクは、人前で話すコトは慣れているので何とも無いのですが

NETやパンフレット等、リアルじゃない所で顔を出すのは非常に苦手でした。

 

でも、時代が変わり

自分の想いや商品の価値を伝えるには

どうしても、顔出さなければ売れない時代になりました。

 

仕方なく、このブログもその他の販促ツールも顔を出すようになりました。

 

今では、こんなモノまで顔を出すコトを率先してやっています。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
顔が見える果物

 

これは、家人が取り寄せた美味しい「みかん」が入っている箱。

ご丁寧に「顔が見れる果物」と書いてあります。

 

そして、その上には

「生産者の本当の顔(写真)は、携帯又はパソコンでご覧下さい。安全でおいしい果物をつくろうと、畑作りにこだわっている人たちです。みんな、いい顔しています。」

 

そう書かれています。

 

つまり、消費者心理としては

「誰がどんな想いでどういう風にこのみかんを作っているのか?」

 

それが購買動機につながるようになったんですね。

 

このような例は

例えば車好き、ジーパン好き等の拘りの人達ならば以前からそうでしたね。

サロンマーケティング研究所ブログ
Ferrari 599 GTB Fiorano

つまり、今の消費者は皆それぞれに、モノを買う、お店に行くと言う時に「新しい拘り」を持ち始めたと思うのが正解なんじゃyないかなぁ~ってボクは思います。

 

拘りを持った人に何を伝えれば、共感してもらえるのか?

 

これからのビジネスのヒントになるかもしれませんね。

関連記事一覧