高齢出産のリスク

■女性の身体を考えましょう

 

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

日本人の平均寿命が延び、世界にまれにみる「長寿大国」の先駆けとなる日本ですが、

その寿命の伸びと高齢出産について考えたいと思います。

サロンマーケティング研究所ブログ

先ず、出産適齢期。

この年齢は20歳~35歳と言われています。

 

ちなみに日本では、出生に占める35才以上の母親の割合が年々増加しているようです。

 

厚生労働省の人口動態統計から算出すると

1970年は4.7%だったのが、2010年には23.8%約5倍にまで増加しています。

 

さらに、第1子を35才以上で産む人は17.1%で、1970年の8倍以上に伸びているようです。

 

日本産科婦人科学会はこの、35才以上の初産婦「高齢出産」と定義してます。

 

では、35才からの高齢出産にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

 

先ずは、突然35過ぎからリスク上がるわけじゃなくて、30才を過ぎたころから徐々に上がっていきます。

そして、次のようなリスク率が上がってきます。

不妊、流早産、多胎(双子以上の妊娠)、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病etc・・・。

 

その他、染色体異常でダウン症の子が生まれる確率も上がってきますね。

 

染色体異常の確率は、20才未満の母親の場合1000人に1人、40才以上になると60人に1人と確率は上がります。

 

帝王切開や、なかなか子宮から下りてこない赤ちゃんを引き出す吸引分娩になるケースも増えます。

ちなみに、「超高齢出産」というのもあって、50才以上で閉経した女性が妊娠出産することだそうです。

※日本人の閉経年齢の平均は50才前後。

 

医学的には、閉経した女性でも卵子提供を受けるなどすれば出産は不可能ではないらしいですが・・・。

 

ただし、若くても、妊娠中の飲酒・喫煙、ダイエットしすぎ、妊婦健診を受けないといった、お母さんのリスクのほうがもっと危険で怖さを感じます。

 

生まれてくる子のためにも、女性は体内健康も正しい知識を得た、管理が必要ですね。

関連記事一覧