社員の声が通る組織を作ろう!

■自然にモチベーションが上がる組織

 

こんいちは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

一昔前の組織ってTOPダウンが多かったですね。

これはお店の規模にもよりますが、人って「認められたい」という欲求を常に持っているモノです。

 

その、欲求を満たせない組織には人は長くいられなくなってきています。

または、就職環境があまり良くない今はココでとりあえず我慢して、チャンスを伺おうと思っている賢い人もいることでしょう。

 

年齢的になんとか後数年、耐えしのごうなんて思っている人もいることでしょう。

つまり、「イエスマン」で組織が構成されているというパターンです。

 

このような環境になってしまう理由は、TOPの意見に反論や、違う意見を言うスタッフをTOPが遠ざけてしまうコトです。

 

自分の意見が聞けないスタッフはダメだ!!というTOPの傲慢さが出てしまっています。

そうなると、TOPの顔色をうかがって仕事をするようになりますので、臨機応変な対応や、クリエイティブなコトができなくなってきます。

 

人は様々な視点を持っています。

 

スタッフが意見を言った時に、スグにダメという意識で話を聞くよりも、何故そのような意見を持ったのか?

そのことに関してもう少しフォーカスするコトで意見の真相が見えてきます。

 

スタッフさん達と、腹を割って話をする。

 

今の時代はそれくらいのTOPの器の広さが必要です。

 

そのためには、TOPは「話し易いという人間性」を身につけていなければいけませんね。

 

「うちの社長は気兼ねなく話ができる」

「なんでも、話を聞いてくれる」

 

そんな、雰囲気をTOP自らが創り上げていかなければいけません。

そして、自分の意見や考え方が常に正しいという考えよりも、もしかしたら違っているのかも?

 

それくらいの、自己反省的な姿勢が必要です。

 

当たり前ですが、組織は総合力です。

今大人気のサッカーを見ればよく分かります。

 

フィールドに出た選手は自己判断でチームに貢献しています。

それを、フィールドの外で見守るのが監督です。

サロンマーケティング研究所ブログ
アルベルト・ザッケローニ/Alberto Zaccheroni監督
出典www.tuttosport.com

 

作戦を決めたら選手を信頼して任せる。

 

それで、失敗したら監督の責任。

それくらいの腹のくくりも必要ですけどね(笑)

関連記事一覧