身体を洗うモノだから注意してね!

■ボディーシャンプー、ボディー石鹸について

 

おはようございます。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

最近、ソムリエ育成セミナーをしていると

「ボディーソープで安全なモノは無いですか?」

「石鹸は大丈夫ですか?」

 

このような質問を頂くケースが増えてきました。

 

そこで、読者の方も心配になられている方もいらっしゃるかと思い、少し記事で書くことにしました。

 

先ずは、先日の記事で書きました「経皮吸収率」の関係からお話ししたいと思います。

 

二の腕を「1」とした場合

背中は「17」倍

性器は「42」倍

 

なんと、顔や額のレベルではないくらい、面積の広い身体の方が「経皮吸収」し易いんですね。

そこで、ヘアーシャンプーよりも、その点は注意しなければいけないのがボディーソープ(石鹸も含む)

 

では、ボディーソープや石鹸は大丈夫なのでしょうか?

早速、ドラッグストアーで売れ筋をチェック!

 

すると・・・

 

先ずは、一般的な石鹸です。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

これは、ボクは子供には絶対に使いません。

何故なら、二段目の一番右端に「PEG-6(ポリエチレングリコール6)」

これは、分子量が600以下の小さいタイプで、いまどきあり得ない成分です。

 

以前、皮膚を通過する分子量は1000以下で、体内に入る分子量は200以下とお伝えしましたが、このPEG‐6は皮膚を通過するどころか体内に侵入する恐れが考えられるからです。

 

また、旧指定成分でもありますので、なんらかのアレルギーを起こす可能性もあります。

 

次に、ボディーソープですが、かなり清潔感のあるイメージの代表的なボディーソープがコレ

 

サロンマーケティング研究所ブログ

これも、ボクは子供には使いません。

洗浄成分が全て経皮吸収の恐れがあるモノが使用されているからです。

更に、「・・・・・」これ以上はブログでは書けません(汗)

 

ドラッグストアーのメジャーなボディーソープはボク的には全滅でした。

イメージが良かっただけに残念です(涙)

 

石鹸の方はまだ6割程度は安全かともいます。

特に無添加コーナーの石鹸などはいいモノばかりです。

サロンマーケティング研究所ブログ
無添加石鹸コーナー

 

石鹸は髪に対してはボク的にはオススメはしませんが、身体を洗うにはボディーソープよりは良いですね。

但し、石鹸は「脱脂力」と言う皮膚の保湿成分などを取りすぎる傾向があるので、冬場は乾燥を招く恐れがありますので、使い過ぎには注意してください。

 

以前、皮膚科学を先行されている方が、洗剤を使うなら、胸、背中、顔の一部、足の裏程度で十分ですと言われていました。

 

そこ以外は、そんなに汗をかかないので、汚れにくいので、シャワーだけでも十分と言うコトです。

 

特に石鹸推奨派と言うコトではありませんが、使う部位や目的によって使い分けてくださいね!

関連記事一覧