危険視されてしまう成分について

■アルコールとエタノール

 

おはようございます。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

本日1回目の記事は「アルコール」「エタノール」についてのお話しです。

 

通常エタノールと書かれているものは、俗にアルコールといわれる無色透明な揮発性の液体がエタノール類です。

 

さっぱり感のある化粧水や原料にキャリーオーバーとして含まれるコトがあります。

これらは、配合する量や組み合わせで、主な働きや安全性度合いは変わっていきます。

 

このアルコール(エタノール)はやや誤解されがちですね。

中には刺激成分として懸念されている方もいますが、正しい知識があれば安全性の高い原料であることが解ってきます。

 

例えば・・・

アルコール類は、生体内での主要代謝物の1つで私たちの身体にもともとあるモノです。

脂肪は、多価アルコールのグリセリン脂肪酸とのエステルですし、糖類もアルコール体です。

 

つまり、刺激成分と言われている「アルコール(エタノール)」ですが、生体適合成分ともいえます。

但し、配合量が多い場合に肌に刺激を感じると言うだけのコトです。

次にこれによく似たイメージを持たれがちなのが「ステアリルアルコール」などです。

こちらは「アルコール」と記載されていますので、大丈夫?と心配になる方もいらっしゃるかと思います。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

「ステアリルアルコール」は、高級アルコールの一種で、固形オイルです。

 

皮膚を保護しなめらかにする目的で、クリーム類などによく使われています。

また、皮膚科医で処方される軟膏にも使われている成分でもあります。

 

以前、アルコールやエタノールは揮発性だから、髪や肌の水分を蒸発させてしまうとか、香料にアルコールが含まれているので刺激がある等と言われていましたが、度数の高い酒や消毒用のエタノールと同じと思われていたことが理由かと思います。

 

さらに、最近流行りの植物エキスですが、この抽出にもアルコール類は使われるコトが多いです。

そのため、「エタノール」という表示がある化粧品もありますが、基本的に大量に使われるコトはないので問題はないと思います。

 

アルコールやエタノールが皮脂膜を溶かし、はだのバリア機能を破壊したりするという考えが未だにNETでは当たり前のように書かれていますが、現代の化粧品に使われる成分、特に敏感肌専用の化粧品にも使われるくらい今ではアルコール=危険成分という常識は過去のものとなっています。

関連記事一覧