美容室で伝えなくてはいけないモノ

■何をお客様に提供しているのか?

 

おはようございます。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

美容室ではお客さんに“何”を提供しているのでしょう?

 

マーケティングでは「体験を売る」と言うコトが一つの柱になってきますが、

具体的に今のお客さんは、何を美容室に望んでいるのでしょう・・・?

 

先日美容室アンティカさんで行われた、お客さんを対象とした

「大人ビューティー」はそんなお客さんの心の声がよく聞こえてきます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
スキンケアの話を食い入るように聴く参加者
なみちゃんの話には皆さん「へ~」連発!

サロンマーケティング研究所ブログ
皆さん本当に真剣ですョ!

お客さんが真剣に必要な情報を求めているからこそ、伝える側も真剣に伝えようとします。

サロンマーケティング研究所ブログ
サロンマーケティング研究所ブログ
真剣にトークする山岡さん
というか・・・トークが止まりません(汗)

「変わりたい」「キレイニ見られたい」「若くなりたい」

お客さんの美に対するニーズは高まるばかりです。

なぜなら2015年には45歳以上が日本人口の半数以上になるからです。

正に「大人な国」に日本はなろうとしています。

そんな大人な国での女性のニーズも多種多様。

それに伴う情報もありふれてきました。

そこに登場するのが、専門性の高い知識や経験を持つプロフェッショナル!

そのプロからの情報をダイレクトにお客さんに伝えるって、凄い顧客サービスではないでしょうか?

もちろん、美容師さん自身も勉強して、その情報を伝えなければいけませんが・・・。

こんな、専門家を集めた顧客の悩み解決イベントなんて素敵じゃないですか?

大人な日本社会には、このような情報発信の場は必要かと、ボクは数年前からズット思っています。

皆やればいいのに・・・
だって、このイベントに4回ほど参加させて頂いていますが、皆さんホント喜んで行かれていて、今では常連さんの顔もちらほら出てきています。

そして、3部構成で行われた第3部には女子会つき!

サロンマーケティング研究所ブログ
ヘアーウェアーの山岡さん、そしてなみちゃんお疲れさまでした!

女子会は、山岡さんの爆笑トークでボクはハンカチ片手に、腹筋が痛くてたまりませんでした。

どうしてこのような事件になってしまったのか?

関連記事一覧