どうやらいいモノが売れ易そう

■価値観が変わってきている?

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

大手都市銀行の方とお話をした時のコトです。

色々とビジネスの話に花が咲き、情報交換をしていた時ふと気付いたコトがあります。

 

それが、よりよいモノに消費動向が動いていると言うコトです。

例えば、少し高くてもいいから、良いモノを手に入れたいという消費動向。

では、良いモノってんだろう?

 

そういうコトになりますが第一に無駄にならないモノです。

すると・・・

 

環境や人に優しいモノ。

社会に役立つモノ。

自分らしいモノ。

サロンマーケティング研究所ブログ
これからは環境問題は外せませんね

 

この辺りが消費者の購買動機の判断基準に変わってきている感じです。

 

確かに、そうだと思います。

 

ボクの会社で言うと

一番高く、売りにくい商品が一番売れています。

 

きっと、上の条件に当てはまっているからでしょう。

 

つまり、ただ安いから買ってくれるという考えが通用しなくなってきたというコト。

 

そういった商品やサービスは今後、売れなくなってきて当たり前になるコトでしょう。

良いモノを安くであればいいのですが・・・。

 

美容室はその点、努力すれば、上記の3つにあてはめることは可能です。

高いけれどいいモノを提供していきましょう!

関連記事一覧