特別なワインにつけられる称号

■Cuvee(キュヴェ)

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

ワインを選ぶ時に「Cuvee」というネーミングがつけられたワインがあります。

ボクはお酒が弱いので、ワインなんかも殆ど飲むコトがありません。

 

ただ、シャンプーソムリエという「ソムリエ」を謳っているので、ワインソムリエの方のお話を最近はよく聞くようになりました。

 

そこで、気になるのがワインンのネーミング。

特に「Cuvee(キュヴェ)」というネーミングがついているモノです。

 

聞くと、この「Cuvee」にはとっても高貴な意味が込められています。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

キュベとは発酵漕を意味するキューヴ(Cuve)からできた言葉です。

 

そして、「Cuvee」がつくものは特定な発酵漕のワインのことで、特別なワインという意味があります。

 

『特別に選んだ』『選び抜いた』的な意味合いです。

 

そして、もう一つは「絶妙なバランス」という意味合いがあります。

つまり、この称号がつけられたワインは特別なワインは作者の想いや、生産者の製造技術が詰まったワインと言うことになります。

 

Cuvee

 

とっても拘りを感じる称号ですね。

 

関連記事一覧