リピジュア®について

■高性能な生体適合物質

 

こんにちは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

保湿力がヒアルロン酸の約2倍に値するリピジュアは、ヒトの細胞膜を構成し涙にも含まれる成分「リン脂質」をモデルに開発された保水性に優れたうるおい成分です。


このリピジュア、医薬品・化粧品・人工臓器など幅広い分野で活躍しています。

 

このリピジュアは一度塗布すると、水洗いしても保湿性能が保たれるのが保湿成分の中でも優れているところです。

 

面白いのが、赤ちゃんの肌着や、コンタクトレンズ保存液等にも利用されているところです。

サロンマーケティング研究所ブログ

そのリピジュアですが数種類のタイプが開発されていますね。

 

リピジュア(ポリクオタニウム-51)

リピジュアNA(ポリクオタニウム-61)

リピジュアC(ポリクオタニウム-64)

等が現在多く使われれています。

 

がしかし・・・

 

ボクはこれらをシャンプーなどに使用するか検討した時に、髪に対してどれくらいの変化が出るのか?

そういった所も検証はしたものの、実際の所どれも殆ど変わりません。

 

つまり、微差なんですね。

肌では多少違うかもしれませんが、シャンプーなどの頭髪化粧品にはどれも同じ。

 

ただ、非常に質感も良いと言うコトと、保湿性が高いというところでとってもいい成分だとボクは感じています。

関連記事一覧