新規出店の落とし穴

■自分がしたいイメージとお客さんが来るとは違う!

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

ボクはたまに、新規出店のご相談をされることがあります。

そんな時、必ずこんなお店にしたいというイメージを語られる方がいます。

 

今は出店して半年もたないと言われる時代です。

出店は慎重にすべきです。

 

そのプランの中に、お店を出される方のイメージがお客さんと合わないコトが予想されます。

 

つまり、出店で大切なのは、先ずはお客さんに来てもらうコト!

これにつきます。(スタッフさんの募集もありますが)

 

その来てもらえそうなお客さんと、お店のイメージが違えば集客には苦労します。

 

大切なのが・・・

 

どんなお客さんに来てほしいのか?

あなたの価値を評価してくれるおっ客さんは誰なのか?

 

そのあたりを整理して、出店プランを立てるコトをお勧めします。

 

ココが明確ではなく、バリ風の・・・、ヨーロッパ風の・・・、少し和テイストの・・・

そういうイメージを持って勢いで出店してしまうケースってみかけないですか?

 

出店後早めにファン客を集うためにも、理想を追求しすぎると非常にリスクが高くなります。

特に資金力が不安な人はそこからがオススメです。

 

これがマーケティングでいう「ターゲティング」です。

 

ターゲットに合わせたお店作り。

ココが出展のポイントになってきます。

 

また、今は雇われているけれど独立を考えている人は、どんなお客さんが自分を評価してくれているのか?

また、自分はどんなお客さんならウマが合うのか?

 

そのあたりが、あなたの「価値」を認めてくれ易いターゲットとなってきます。

関連記事一覧