お金を儲けたいだけじゃ儲からない

■儲けるには理由が必要

 

こんにちは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

ビジネスを語る上で年商、年収のコトが出てくる場合があります。

 

例えば・・・

年収1000万になりたいと思ったとします。

 

しかし、それでは決して1000万の年収は稼げません。

なぜなら、500万じゃダメで何故1000万なのか明確な理由がないからです。

 

この年収1000万に対して絶対的な必要性を本人が感じなければ手に入れるコトは困難です。

「最低限の生活費を確保しつつ相当の返済が残っているから・・・最低年収1000万稼げないと自己破産してしまうから」

「遠く離れた家族を全員養ってあげるには最低限必要な金額」

 

また、年商も同じく、年商10億にしたいだけでは10億にはなかなか・・・

「年商10億になれば、スタッフ全員の退職金や社会保険の加入等ができるから」

「トレーニングセンターなどの教育機関の設立が可能になるから」

 

そのような理由が明確にあって、どれくらい稼ぎたいのかという金額が算出されてきます。

 

また、その目的を達成するためにするビジネスは、心の底からやりたい!

そのコトを考えるとメチャメチャモチベーションが高まってしまう。

 

そういうビジネスやそれを通してやり遂げたいコトが無いと継続もしませんし、アイディアも出てきません。

 

世の中をあっと言わせた経営者は皆そういったコアな部分を明確に持っていました。

全てにおいて「何故それが必要なのか?」

 

それを、考えることが次々に行動を起こす原動力となります。

まだ、明確にない方は是非見つけてください。

関連記事一覧