無意識に判断している脳の働き

話のずれはその一言から

 

おはようございます。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

昨夜は千葉県成田市のフィクションプレイスさんで、心理学脳科学を元にしたお店のルール作りをしました。

 

人って違うなぁ~と感じてもらったあとに

どうしたらお客さんが気持ちよくなってくれるのか?それを皆で探していくのですがこれがとっても面白い!

 

そして、実際に自分たちでそれを体験して感じてみる。

 

・・・これは良いね!

・・・これだったらもう少しこんな風にしたらいいんじゃない?

 

そういうコトをお客さんの立場になって実際に試してみると理屈ではない感情の部分がよく分かってきます。

サロンマーケティング研究所ブログ
皆、なりきりで楽しそうにやっています

更に、お客さんにこのお店は違うねって思ってもらう心遣いがどういう時に出来るのか?

そういったコトも皆の視点で意見を出し合うと、色々な発見があって勉強になります。

サロンマーケティング研究所ブログ
アシスタントからスタイリストまでの意見が聞けるので
色々な気付きが出来ます。

脳は基本的に、その人の価値観やそれまでに得た情報を元に、瞬時に情報を処理しています。

ですので、1人よりも2人と様々な視点でお店のルールを見直すと良いんですね。

 

 

サロンマーケティング研究所ブログ

この写真の男性をみて、あなたはどんなイメージを持ちましたか?

他の人はどういうイメージを持つかも聞いてみてください。

 

そのイメージがあなたや、他の人の価値観や経験などから導き出されているものです。

関連記事一覧