健康状態が解る①

■心配事の時に人の体内症状が解る①

 

こんにちは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

あなたは、心配事がある時に

どちらかと言うと、無気力になって何もやる気が起きなくなりますか?

それとも、イライラして、怒りっぽくなりますか?

 

サロンマーケティング研究所ブログ

この症状で実は体内の状態が解ると言われています。

 

私たちの体には「自律神経」と言うモノがあります。

有る文献では、肉食と菜食でもこの自律神経に影響を与えています。

 

そこに関係するのが「顆粒球」「リンパ球」です。

きっと聞いたことがあると思います。

 

顆粒球白血球の約60%を占め、好中球、好酸球、好塩基球の3分類に分けられます。
どんな働きをしているかと言うと・・・

強い貧食・殺菌能力をもち、体に侵入してくる細菌との戦闘を専門にし、最近と共に自爆して最近を殺します。

ここまでは良いのですが、爆発の時に大量の活性酸素をまき散らします。

ちなみに、体内の活性酸素の70~80%が顆粒球によって発生するともいわれています。

 

リンパ球白血球の約40%を占めていて、T細胞(ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞)、
B細胞、そして自然免疫のNK細胞からなっています。

これらは、顆粒球では撃退しきれない細菌などを顆粒球のサポート役として働きます。また、NK細胞は、ウイルス感染細胞やガン細胞を見つけると、直接攻撃し撃退してくれます。

 

これらリンパ球は、心身がリラックスした状態、つまり副交感神経が優位になると増加します。

そして、これらの働きは自律神経に深くかかわっています。

 

そして、肉力の人は顆粒球が多い傾向にあって、活動的で怒りっぽい人が多い傾向にあります。

逆に、菜食の人はリンパ球が多い傾向にあって、穏やかな人が多い傾向にあります。

 

では、心配事が合った場合は・・・次回へ

関連記事一覧