化粧品メーカーが大変なことになっている

■お茶石鹸でおなじみの悠香事件の影響

こんにちは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

以前記事で書きました悠香の「茶のしずく石鹸」事件

これが今化粧品業界で大変なコトを引き起こしています。

茶のしずくの問題は「加水分解コムギ末」でしたので、当然使用してる化粧品はキチンとした注意を明記しなければいけなくなります。

 

さらに、大変なコトが・・・

化粧品原料で天然由来の原料が結構あります。

 

その中でも小麦から抽出せらている原料も当然あります。

例えば「セラミド」等も小麦から抽出しているモノがあります。

 

でも、表示成分にはセラミドとしか書いてません。

そこで、化粧品で使用してる原料ひとつひとつを、どこから抽出しているのか調べなおさなければいけない状況になりました。

いい迷惑です。

 

また、この事件もホントに小麦が原因なのかは不可解な点があります。

だって0.数%程度しか使用していない化粧品原料が原因で、小麦アレルギーを引き起こしたんですから。

 

通常化粧品原料は皮下組織までは入りません。

なのに、この成分が体内に蓄積されて、いつの間にか小麦アレルギーを引き起こしたというんです。

 

ん~ホントなのでしょうか?

 

答えは神のみぞ知ると言う所ですが、数年前までは無名だった悠香が一気に化粧品メーカーのTOP5に入る急成長をしたのですから、やっかみも無きにしも非ずです。

 

まぁ化粧品を作っている工場は大変ですね。

関連記事一覧