馬上効果

■アイディアが出易い状態って

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

青山から移動し、先ほど静岡県の浜松市の少し手前の袋井市に到着しました。

ボクは、移動手段は殆どクルマです。

プロジェクターやスクリーン等の荷物もあるからなんです。

 

移動中は何もできないので、講演やインタビューなどの音声による勉強の時間です。

音声で聞くのと、活字を読むのとでは少し違いますね。

 

そして、この車の移動は実はとっても考えるに適した環境でもあります。

昔より三上(馬上、廁上、枕上)はアイディアが出易いと言われています。

 

三つの上とかいて「三上(さんじょう)」と読みますが

馬の上と書いて「馬上(ばじょう)」

枕の上と書いて「枕上(ちんじょう)」

厠(かわや)の上とかいて「厠上(しじょう)」

 

約1000年ほど前の宋の時代に、欧陽脩(おうよう しゅう)という人が言った言葉です。

 

サロンマーケティング研究所ブログ
欧陽修・『晩笑堂竹荘畫傳』より

 

欧陽脩は、ものに思い巡らせ文章を練ったり、

アイデアを練る時にはこの三上が適する場所と書き残しています。

サロンマーケティング研究所ブログ

昔は馬ですが、今はクルマですね。

あなたは、クルマでの移動時間を、どのような時間にしていますか?

関連記事一覧