炭酸のサラサラ感

■このサラサラ感は・・・?

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

最近は炭酸泉が美容室でも随分と普及していますネ。

この炭酸ブームはもとはエステ業界からの始まりました。

 

当時、ゲルマニウム温浴が流行っていました。

そして、岩盤浴等も凄くブームになっていました。

 

どれも、血行促進がテーマですよね。

 

そして、人口炭酸泉が、たぶんですが三菱レーヨンさん辺りが早かったと思うのですが、ゲルマニウムから一気に炭酸が広がりました。

 

岩盤浴でも菌の発生などで問題が起きたので、そこも殺菌効果のある炭酸にスグにチェンジしましたね。

(さすが、異業種は早い!)

 

そして、遅れること5年・・・。

やっと美容室にも炭酸スパ、炭酸ヘッドスパが登場してきたのがココ1~2年のコトですね。

サロンマーケティング研究所ブログ

炭酸は凄く髪がサラサラします。

これはエステで流行り出した時と今も変わらずなので、炭酸の良さの一つかと思います。

 

そして、それが1週間前後続きます。

そこで、なんでサラサラになるのかをカンタンに考えてみると・・・

 

先ずは、髪の結合を考えると、たぶん塩結合(イオン結合)に作用しているのかと思います。

塩結合はアルカリ性で切断されて、酸性で再結合するのは周知の通りです。

 

高濃度炭酸泉のpH4.5~5程度なので、髪の等電点(pHPH4.5~5.5)と同じか若干低いpHになります。

すると、毛髪内部やキューティクルに存在する塩結合が強固に再結合されるように思います。

 

そして、その持続が1週間程度と言うのは、pHが少し高くなる期間なのかなぁ~と感じます。

 

髪の組成からも等電点(pHPH4.5~5.5)で最も安定すると言われていますが、たぶんこの期間が最も髪の組成構造が安定していることによるサラサラ感なのかと思います。

 

通常のpHコントロール剤でもこの質感が出にくいのは、炭酸の圧倒的量と毛髪内部に浸透する浸透力による細部に渡る塩結合の強化なのでしょうか?

関連記事一覧