ダイエットの新発見

■カロリー制限よりも効果的

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

最近ではレストランなどのメニューにカロリー数を記載した親切な所もありますね。

ここ数年話題になっている「メタボリックシンドローム」が増えているせいでしょうか。

 

これに対して、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が日本における「メタボリックシンドローム」の診断基準をまとめ、2005年4月に公表されました。

サロンマーケティング研究所ブログ

内臓脂肪蓄積診断基準

ウェスト周囲径/男性85cm以上・女性90cm以上「要注意」として、その中で

①血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)

②血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)

③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)

 

これらの3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。

 

では、カロリーを抑えるだけでそれが改善されるのか?

その検証によって最近解ってきたコトがあります。

 

つまり、「カロリー制限」よりも「炭水化物制限」の方が脂肪が増えないと言うコトが解ってきたんです。

 

白いご飯が好き!ラーメンが好き!

そんな方は、それらの摂取を控えるだけで随分と違ってくるってコトですね。

 

お酒を飲んでも、お肉をたらふく食べても良いんですョ!

(プリン体の多いビールだけは、特定の人は気おつけてね)

関連記事一覧