断らなければいけない時

■ココで何をするかを考えよう

 

こんばんは。

シャンプーソムリエことセッキーです。

 

先日近くに「ステーキハウスけん」ができたので、仕事の帰りに一度行ってみようと思い行ってきました。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

しかし・・・

中に入って1人ですが、と言うと

 

「すみませ~ん。もう火を落としてしまいました」

 

と、申し訳なさそうに定員さんが行ってきました。

 

ボクは心の中で

「えっ!こんなに閉店早いの!まだ11:00なのに・・・チェ!」

 

と、思いながらハイハイそうですかって感じで、スグに店を出ようとしたところ

 

「お客様申し訳ありません。これ次回のご来店の時にお使いください」

とその定員さんがチケットを2枚くれました。

サロンマーケティング研究所ブログ

アイスクリーム半額券とドリンクバー無料券です。

 

その時ボクは、チェッ!!て思った感情が一瞬で無くなっていました。

 

閉店時間等のルールを知らずに、TV等でも取り上げられていたお店だからと、少しワクワクしながら期待して行ってみたので、閉店と言うことに少し嫌な気を越していたボクですが、定員さんのごめんなさいという姿勢と、チケットをもらったことで、自分自身反省し、お店に起きた嫌な思いが消えました。

 

これって、美容室に突然来て対応できないお客さんも同じじゃないかなぁ~って思いました。

 

予約を入れずに土日の混んでいる時のフリーで来たお客さん。

そのお客さんの感情等を考えると、ごめんなさいという対応と、ほんの少しのサービス券等のプレゼントは再来の確率が上がると思います。

 

このような時にどう対処するか?

 

お店で準備しておくといいですね。

関連記事一覧