防腐剤フリーの化粧品

■防腐剤未使用!って何がいいの?

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

最近「ノンシリコン」「ノンケミカル」「防腐剤フリー」を掲げたシャンプーや化粧品が結構発売されていますよね。

 

この傾向はボク的にとってもいい傾向かと思いますが・・・

「防腐剤フリー」の商品に関しては少し懸念事項があるんです。

 

先ず、化粧品を作る工場は、製造した商品にトラブルがあるコトを極力避けたいと思っています。

消費者異常にその点はPL法などの製造者責任がありますから当然です。

 

以前記事でも書きました某石鹸の様な問題にもなりかねません。

ああなってしまうと、販売元よりも、それを製造している工場側が大変なんですね。

 

そして、化粧品で一番ありがちなトラブルが、痒くなった等の症状です。

もともと成分が合わないのであれば購入者側にも責任がありますが、問題無く使用している中でいつしかそのようなトラブルが起きる場合が問題です。

 

化粧品は水をたくさん使います。

シャンプー等は70%~80%は水です。

そして、水って以外にスグに腐ってしまいます。

 

その原因は、手から雑菌が入るコトや、お風呂等の湿気の多い所に長時間放置するコトで、腐り易くなります。

工場では、そのような常用でも商品が腐らないように「防腐剤」を使用します。

 

それを考えると・・・

「防腐剤未使用」の化粧品は非常にデリケートなんですね。

 

でも、スグに腐ってしまうと商品価値が落ちますので、何らかの形で腐らない様に防腐効果のあるモノを使用しています。

 

そして、そこが問題です!

 

一般的に使用されている「防腐剤」は使用量等も少なく済むものもありますが、その他の防腐効果のある成分は大量に使用しなければ「防腐効果」が持続しない場合もあります。

 

ココからは、使う人の自由と言うことになりますが・・・

 

サロンマーケティング研究所ブログ
どのカードを切るかはあなた次第

 

少量の防腐剤を使用された化粧品やシャンプーを使うのか

大量のその他の防腐剤、または未使用という不安定な化粧品を使うのか

 

この選択をご自身でしなければいけません。

 

このことを知っていて化粧品を購入するか否かでずいぶんと変わってくると思います。

関連記事一覧