効果の高いCoQ10の選び方

■コエンザイムQ10サプリメントの効く効かないの見分け方

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

街の薬局店でよく見かけるコエンザイムQ10(C0Q10)入りのサプリメントや化粧品がありますね。

もともとCoQ10は、心臓病の医薬品でしたので、気軽に摂取が出来ない栄養素でしたが、2001年にサプリメントの使用が厚生労働省から許可されました。

 

このCoQ10の最大の効果は「疲労回復」です。

CoQ10は別名「ユビキノン」とも呼ばれています。

 

このCoQ10は、もともと私たちの体の全ての細胞に存在しています。

 

CoQ10は、細胞内にある「ミトコンドリア」という器官で消費されています。

サロンマーケティング研究所ブログ

そのミトコンドリアは呼吸で取り入れた「酸素」や、食事で取り入れた「炭水化物」等をエネルギーに変換しているのですが、このエネルギー変換の際にCoQ10を沢山消費するんですね。

 

その為、CoQ10が不足すると、エネルギーが上手に作れずに、疲れやすくなり、元気に活動できなくなるんです。

 

また、このCoQ10の生産機能は40歳位をピークに衰えて来ると言われています。

そこで、CoQ10のサプリメントを摂取することが健康維持に必要だという健康ブームが到来したのですが、実はそこに残念なコトがあるんです。

 

市場で流通しているQ10は“酸化型”と言われる種類のものです。

実は、体内に存在するCoQ10の大半は“還元型つまり、“酸化型”のCoQ10が効果を発揮するためには、一度体内で“還元型”に変換される必要があったのです。


結果、疲れやすくなる原因は、体内で“酸化型”のCoQ10を“還元型”に変換する力の衰えだったのです。

そこで、世界一のCoQ10の原料メーカーである株式会社カネカ“還元型”のCoQ10の原料を開発し、流通を開始しています。

とりあえず売れればいいというメーカーは“酸化型”のCoQ10を未だに使用しているようですが、消費者のコトを考えたら“還元型”のCoQ10を使用して欲しいものですね。

そうか!還元型CoQ10がいいんだ!
そう気づいた方
クリックお願いします!
↓  ↓  ↓
サロンマーケティング研究所ブログ

関連記事一覧