売り込まないから売れる

■消費者の視点

 

こんにちは。シャンプーソムリエことセッキーです。

押し売りは嫌われる・・・けど、売れないと困る。

 

実際に集客も同じですよね。

来てほしいと迫れば、逆に怪しまれる。

サロンマーケティング研究所ブログ

 

今の時代の象徴的な消費心理ですが、この理由にはモノ余りや、情報過多があります。

モノや情報が多すぎる・・・美容室も。

 

そうなると、消費者は選ぶのもひと苦労です。

そこで、消費者は「自分らしさ」を求めはじめたとボクは思います。

 

その入口が、気が合う,、好き、楽、ホットすると言った価値観の共有が始まりです。

価値観の共有をするには、価値を伝える情報発信が重要になってきます。

 

「この店って共感できそう!」

 

そう感じてもらうためにも、自分たちが大切にしているモノ、自分たちは何者か?

それを、伝えないことには始まりません。

 

でも、いざ来店してみたら、言っていることとやっているコトが全然ちがう!

それは結構まずいので、誇張せずに素直にありのままの情報を発信するコトは当然ですね。

 

安くするから来て来て!は既に消費者の心を捉えられられなくなってきています。

そのためには、先ずは商品やサービスを売るよりも、自分たちの「個」を伝えることに注力しましょう!

 

情報の量が積って行くうちに、価値観のあった新規の方があなたのお店に足を向け始めるのは確実です。

関連記事一覧