集客をするチラシを考える

■チラシを作る時の視点

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

昨日深夜、サロンの経営者勉強会を終えて、美容室ガナーズの勝村さんと、新宿のホテルにチェックイン。

今日はこれから高井戸クラブでエクスペリエンス・マーケティングのセミナーに行ってきます。

 

昨日、今日と勉強の日が続きますがとっても楽しみです♪

 

マーケティングと言えば売上を上げる仕組み作りですが、美容室では、集客用のチラシ等が頭に浮かんできますね。

 

チラシを作る考え方もここ数年でずいぶんと変わってきたのはご存知でしょうか?

まだまだ美容室のチラシをみると「お金」「品数」でお客さんを集めようとしているように思います。

 

でも、それでは本当にあなたのお店にピッタリのお客さんは集まってきません。

なぜなら、「お金」と「メニューの品数」でしか、お店を判断できないからです。

 

そこで、チラシを作る上での簡単な視点をご紹介します。

 

先ずは、なんであなたはチラシを作り集客をしていのでしょうか?

この質問の答えを考えてみてください。

 

そして、特にどんなお客さんに来てもらいたいと思っていますか?

より具体的にイメージしてみてください。

 

この二つを見て欲しい場所にしっかりと入れ込んでみましょう。

 

たったこれだけですが、あなたのお店に合ったお客さんが来る確率はずいぶんと変わると思います。

また、メニューの品数ですが、多すぎて素人的には分かりにくいことが多々あります。

 

出来れば、数種類・・・1つでも良いと思います。

そのメニューが必要な人が、それをやるととってもいい体験ができそうなイメージを持って頂けるように解り易く表現してみてください。

 

できれば、対象者に合ったイメージ写真を載せるとなおいいですね。

 

ほんの少しのコトですが、美容室に来るお客さんは、今現在他店のお客さんです。

他店から、あなたの店に魅力を感じてもらって、来店してもらうには、お客さん自身にお店を変えてあなたのお店に行く「理由」が必要です。

 

そういう視点をチラシ作りに加えてみてください。

関連記事一覧