社長と社員、師匠と弟子

■人を導く人は、常に成長が問われます

 

こんばんは。シャンプーソムリエことセッキーです。

今日は、エクスマの東京セミナーに参加して、沢山の気づきがありました。

サロンマーケティング研究所ブログ
藤村先生

もう、エクスマの実践塾を終了して3年が経ちますが、この1日8耐セミナーは復習と、新情報を得に参加しています。

そして、このセミナーに来るといつも想い出すコトがあります。

 

エクスマの塾の最終日に藤村先生が

「エクスマには卒業がありません」という話をされたコトです。

サロンマーケティング研究所ブログ
セクスペリエンス・マーケティング実践塾24期生の終了式にて
藤村先生との記念の一枚

 

今はそれを体験を通して実感しています。

そして、それってある意味、師匠と弟子という関係性の真理なのかもしれません。

 

どちらかと言うと、弟子が師匠を師匠として見れなくなった時が卒業なのかなぁ~。

だから、師匠も常に進化し成長しつづける。

 

これって、組織の中でも同じですね。

社長やトップが進化し続けることで、社員さん達も進化し続けられる。

 

それが、組織全体の成長につながる。

つまり、社長やトップは勉強を辞めたら終わりってコト。

 

勉強って知識を増やすだけではなくって、人生観や器を広げるコトもそうですし、経験値を増やすのも勉強ですよね。

 

藤村先生は53歳ですが、今日のお題であったインターネットのコトも凄く分析して勉強もされていますし、実践されています。

 

だから、ボク達も藤村先生のセミナーに魅力を感じるんですね。

 

成長の感じない社長や師匠にだれも魅力を感じません。

関連記事一覧