自給率を考えようか?

■食料自給率今後どうなる?

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

昨年の農林水産省発表の日本の食料需給率はカロリーベースは39%、生産額ベースは69%と前年(21年)より低下しています。

2003年のデータですが、他の主要先進国の食料自給率をみると・・・

米国が128%

オーストラリアが237%

カナダが145%

フランスが122%

英国は70%

ドイツは84%

イタリアは62%

スペインは89%

これをみると非常に日本は低いコトが一目瞭然!

以前ガネーシャが書いた記事で、農業が最も尊敬される職業という良いNEWSもありますが、人気が続き、自給率が高くならないとマズイですね。

みてね!>>>お金の価値が下がる

そういうことで、今の子供たちにも農業を体験させたり、自然の恵みを肌で感じさせることって大切なんじゃないかなぁ~ってボクは思います。

たまたま、ボクの実家ではおばあちゃん(98歳!!)がまだ、畑をやっているので、おばあちゃんの指示があると、ボクは畑を手伝ったりしています。

そのせいで、子供達も慣れています。

サロンマーケティング研究所ブログ
はたけにあるカキを高枝ばさみでとる娘
サロンマーケティング研究所ブログ
大好きなカキをもぎ取る息子

ボクもそうですが、小さいうちから田畑に触れていると、何がどう育つのか?

季節の野菜や果物は?

葉っぱの形でどんな野菜なのか?

自然にわかってきます。

また、精神衛生上凄く良いと思います。

サロンマーケティング研究所ブログ

関連記事一覧