好きこそがお店の軸

■楽しくって辞められないコトってなんだろう?

 

おはようござます。シャンプーソムリエことセッキーです。

凄い台風でしたね。

 

木が倒れて道がふさがれていたのは驚きました。

おかげで迂回せざるをえませんでした。

 

あなたは、大丈夫でしたか?

 

ところで、仕事で好きで好きで辞められないコトってありますか?

 

よく「軸」をしっかりと持ちましょうと言われますが、それはそれはとっても重要なコトですね。

でも、なかなかそれって見つけにくいモノ。

 

理念や志というモノに近いかもしれませんが、もっと身近で常に感じるコト。

それが「軸」になって理念や志になるんじゃない?

 

働き始めて、お店を出して、そして人を雇って経営者になって時系列で考えると数年~十数年はかかってきます。

その中で、きっと心の中に、好きでいられるコトってないでしょうか?

それって、いかなる場合も一貫していてぶれるコトはなかったかと思います。

 

つまり、「軸」がぶれるって言いますが、それは本当は好きではなくって、勉強する過程で、たまたまなんとなく落ち着いた所にあった言葉やイメージなのかとボクは思います。

 

それを「軸」に置いているために、ぶれるんですね。

 

本来軸は極端なコトを言えば、これがダメならお店をたたむ位の絶対的な「仕事をする理由」です。

特に、これからお店を出そうとか、出したばっかりの人はこの「軸」に早く気付くコトですね!

 

サロンマーケティング研究所ブログ
好きなコトってビジネスの大黒柱みたいなものですね

「軸」がしっかりとしているからこそ、様々な梁が枝葉のように伸びて一つの建造物として表現されます。

それが「ビジョン」と言う言葉でビジネス上は表わされています。

 

「軸」を立てて「梁」を足して「建物」を造る。

ビジョンは表現したい世界観であって、それを支えるのが「軸」であって理念や志。

 

自分に正直になって、どうしても止められない大好きなコトを探してみましょう!

 

関連記事一覧