売れるチラシは継続して使おう

■効果がなくなるまで使い続ける

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

当たったチラシを持ちでしょうか?

 

マーケティングでは、チラシの反応が良くなるまで、何度か同じ目的のチラシを修正するコトがあります。

チラシと言うモノはそれだけ微妙なバランスの上に成り立っています。

 

どんなに優秀なマーケッターでも確実に反応の取れるチラシを量産し続けるのは困難です。

 

だから、一度当たったチラシはかなり完成度の高いチラシと思ってください。

そして、反応が落ちるまでは使い続けるんですね。

 

また、チラシの反応が落ちてきたならば、今度はフリーペーパーに同じような記事を載せてみましょう。

チラシとフリーペーパーではみる層が違う場合があります。

 

しかし、当たったチラシに反応するお客さんはいます。

 

逆を言えば、チラシをまいたならば必ず効果測定をして、検証を行い当たるまでやり続けると良いと思います。

殆どの人は、チラシをまいてもあまり反応が無いからと言って、チラシの配布をやめてしまうのもです。

 

しかし、それでは集客できるチラシを作ることは難しくなってしまいます。

誰でも、初めはお客さんの感情を完全には把握するコトは出来ません。

 

小さい時の逆上がりを思い出して下さい。

初めは1回転するのも出来なかったのに、一度出来ると何度でも出来るようになりますよね。

 

チラシ作りも同じです。

何度かやっていくうちにコツがつかめてきます。

 

一度や二度であきらめずにやり続けてみましょう!

関連記事一覧