文章を書く時の気持ち

■文章は情報を伝えるために書くものじゃない

 

おはようございます。シャンプーソムリエことセッキーです。

 

文章が苦手って思っている人って案外多い。

 

・・・じゃないですか?

 

また、凄く硬くなってしまったりと。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

 

そこで、ボクなりのアドバイス。

 

文章を書く時は先ずは二人称で書くと良いですョ!

あなたと、あなたが文章で何かを伝えたい誰か1人との対話をイメージします。

 

書いている時も相手からどんな言葉が返ってくるか、どんなコトをイメージしているか等を勝手に一人二役になりきって書く。

 

そして次に、ただ単に伝えたいコトを情報として書いているのではなくって、あなたの文章を読まれた相手にどんな感情になってもらいたいのか?

 

そのコトをいくつか考えてみる。

 

この二つを意識して文章を書くことで、今まで以上に文章にあなたの気持が投影できます。

 

サロンマーケティング研究所ブログ

想像してください。

あなたが、誰かと会話している時のコト。

 

あなたが発する言葉を相手がどう取っているか、反応を見ていませんか?

相手によって言葉や表現を変えるコトってありませんか?

 

そのイメージを持ちながら文章を書くと今以上にすらすらと書けると思います。

関連記事一覧